医療事務資格を取ってよかったこと

需要が多い仕事であること

私が医療事務の資格を取得して、医療事務として働いて一番良かったと思う事は、需要がある程度確保されている事です。病院があれば仕事は無くならないですし、今後は介護関係の仕事も増えてくると思われるので、まったく仕事が無くなってしまうという事は無いように思います。一般の会社のように景気に左右されて会社が潰れてしまうリスクも少なく、病院が減ってしまうという事もあまり考えられません。いつの時代でも安定した仕事が得られるのが一番のメリットだと思っています。パートとしての仕事もあるため、育児中など短時間の仕事先としても利用しやすいと思います。
しかし、資格さえ取得しておけば必ず就職できるとは限らないと思うので、コミュニケーションスキルを身に付けたり、レセプトの経験を高める事は重要です。求人を見てみても未経験者OKとしている事は少なく、ほとんどが即戦力となる経験者となっています。医療事務の資格をできるだけ早めに取り、経験を積めるところに就職すると良いのではないでしょうか。一度技能や経験を身につけてしまえば、後は何歳になっても働ける職場です。資格の種類もたくさんあって、必要なら働きながらでも通信教育で勉強ができます。

関連情報

医療事務の資格・・・講座や教材の選び方の解説サイト