私が医療事務で働くきっかけになったもの

私が医療事務で働くきっかけになったもの

私が初めて医療事務として働くきっかけとなったのが、ニチイでした。医療事務の通信講座に対応していて、初めて勉強する人にとってもわかりやすいと思います。ニチイは人材派遣会社への登録も行っていて、最初はその流れで就職を行ないました。医療事務の求人はほとんどが経験者優遇となっていて、資格を持っていても経験が無いと厳しい所も多いです。そのため、最初はある程度の経験を積んでおきたいと思ったのです。ニチイだったら派遣として働くことができ、色々な病院で経験を積むことが出来ると考えたからです。
ただし、こう言った就職支援は講座修了者でなければ利用できないデメリットもあります。何となく良さそうだからという理由だけで通信講座を選んでしまうと、挫折してしまうことがあります。資格の合格率は50%くらいのものも多く、それ程高いわけでは有りません。ニチイのように就職支援を利用する目的があるなら、ちゃんとやる気を持って取り組まないと失敗に終わってしまうことがあります。興味がある程度でしたら、中々難しいかもしれません。数字を扱う仕事で細かい作業もあるため、ある程度の不向きなどは分かってくると思います。やる気があれば通信講座でも十分勉強はできます。