一般事務に転職する方も

一般事務に転職する方も

私個人の経験では無いのですが、医療事務として働いている方の中には、一般事務に転職された方も居ました。育児などで一時期休職し、その後は一般事務として働く事もできると思います。病院によっては医療事務の求人を若い人だけにしている所もあり、そういった職場で長く働き続ける事は難しいのです。その場合は一度辞めて、事務職としても働けると思います。20代や30代ばかりの求人が多いと言うわけでは無いですが、受付も兼ねているとやっぱり若い人が求められる職場もあったりするのです。中には50代くらいになっても働き続けられる職場もあり、一概に若い人だけではは無いと思いますが。
医療事務は患者さんとのコミュニケーションを学んだり、多くの人と係わり合いが深く、色々な知識も吸収できます。一般の会社で事務職としても勤まるのでは無いかと思います。勤務時間に満足できなくなったり、子供が生まれて生活環境が変わったら、医療事務の経験を生かして他の職に転職してみることも考えてみると良いですね。
また、その逆で一般時期から途中で医療事務の資格を取って、医療関係に就職してきた方も居たりします。まったくの未経験から医療事務を目指すより、ある程度の事務経験があったほうが業務についていけるように思います。